自己肯定感の低さは恋愛にも影響を与える!恋愛での不安をなくす方法

まずこちらの記事
<自分に自信がない・・自己否定をやめるには自己肯定感を高めよう>
を先に読んでいただくのがオススメです^^

スポンサーリンク

自己肯定感の低さが恋愛に与える影響


「自分はありのままではダメだ」


と常に自己否定感があると、ほんの少しのことで心が動揺します。

自己肯定感が高ければかんがえられることも、自己否定感で
いっぱいだと考えられる余裕がありません。
(もしくは頭でわかっていても心がついていかない)


安定した愛情をもらったことがないと

些細なこと
例えば連絡が遅れてる、返信がこないということでも


「嫌われたかも」
「自分の何がいけなかったのか」
「もうダメかもしれない」


とネガティブな気持ちに支配されてしまいます。


「今は忙しいのかもしれない」などと
気持ちをきりかえることが難しく、そのことだけを考え続けてしまいます。

なぜ彼からの返信が遅れている、など些細なことで大きな不安におそわれるのか



返信が遅れている、電話をくれない
いつも会えているお休みの日に、会えなくなってしまった。


これらは、「自分を優先してくれていない状態」
とも言い換えることができます。


こんな時


「仕事が忙しいのかな」
「彼にも予定があるなら仕方ないか、自分は××をしよう」


というように切り替えられたら
どんなに楽だろう、と思いませんか?

でも今は


「嫌われてしまったのかも」
「もう自分は必要でないのかも」

と不安にかられたらり


「連絡をくれないなんてひどい」
「浮気しているんじゃないか」
「自分はこんなにしているのに」

などと相手を責める怒りの気持ちが
出てきてしまう状態かもしれません。

この時の不安は、いてもたってもいられないような
大きな不安ではないですか?

子供の時の不安・恐怖感を再体験している




それは今目の前の出来事に対して、というより
昔の心の傷を再体験しているからです。



子供は親に見捨てられたら生きていけません。
必死で親に認められるように頑張って生きていきたんです。



でもその時はその愛情を得られなかった。
だからその愛情を得たくて彼やパートナーに求めてしまう。


彼から返信がなかったり、自分が優先されなかったりすると
その時の恐怖心がよみがえってきてしまうのです。

それは


「見捨てらてしまうかもしれない」
「見捨てられてしまったら生きていけない」

という命に関わるほどの恐怖です。

だから、「返信が遅れている」などの些細なことで
それに見合わない大きな不安が出てきてしまうんですね。

恋愛で大きな不安におそわれない方法

ではこの不安をやわらげて
パートナーとの安定した関係を築くにはどうしたら良いのでしょうか。

それは

  • 自己肯定感を高めること
  • 本当に欲しいのは彼からの愛情ではなく、昔得られなかった親からの愛情であることを心の隅においておく

が大切な2つです。

この2つを意識してみると、
今までとは違う感情が湧いてくると思います。

そこで、またその感情を見つめ模索していく、と
だんだんと今よりも楽な状態になっていきます。

一気にパッカーン!もう完璧でーす!と
自己肯定感は身につくものではなく

じわじわ、じわじわと高まっていく、
たまにパーン!って大きな気づきがある・・

という地味な作業です。

焦らず、取り組んでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました